理想的な住宅ローンの借り入れ金額は年収の何倍?

住宅ローンを利用する場合、借り入れ金額は購入する住宅の価格によって変わります。
頭金として高額な資金が用意できていれば当然借り入れ金額を少なくすることも可能ですが、一般的に金融機関が貸してくれるのは年収の7倍程度が限度だと言われることが多いです。
もちろんこれはあくまで「貸してくれる限界」であって、返せる限界とは一致しません。
住宅ローンを利用してお金を借りても、きちんと返済することができなければせっかく購入した住宅を手放さなければならなくなる可能性があります。
その為、まずは無理のない金額を借りる計画を立てて購入物件を決めた方が安心かもしれません。
一般的に借り入れの目安とされているのは、年収の5倍程度の金額です。
この程度の借り入れなら返済にそれほど困窮することもなく、比較的安定して返すことができると言われているのです。
ですから年収の5倍程度の金額で購入できる物件を探すか、極力頭金を入れて借り入れ金額を減らすように試みるのが無難だと言えます。