カードローンやキャッシング申し込み、嘘の情報

カードローンやクレジットカードの申し込みの際に、嘘の情報を書いて申し込むと後から大変な事になってしまいます。
例えその時には嘘がばれなかったとしても、後から他のカード会社に嘘がばれた場合信用問題になります。
それが重なればカード会社からの信用を失い、最悪審査に通らないということもありえます。
また身分証明書の偽造を行った場合は、逮捕されることもあるので正直に記入するようにしましょう。
最近のカードローンは昔と比べるとそこまで厳しくはないようです。
パートやアルバイトであったとしても、ある程度安定した収入のある方ならほぼ審査には通るので偽造したり、嘘の情報をかくような事は絶対にやめましょう。
ありのまま正直に書く事が今後の信用にも繋がってくるからです。
アコムマスターカードは無職でも申し込みできる?