住宅ローンは中古住宅でも借りられる?

念願のマイホームの購入をしたいが、高くて買えないそういう時はフラット35住宅ローンを中古の物件で検討しましょう。
但し、注意点があるので気をつけましょう。
その一つが新築物件よりも、返済期間が短くなってしまう点です。
これは、ユーズドという面で耐久性が心配されるのもあり出来るだけ早く返済をしなければならないのです。
安さだけで選んでしまうと、後々問題が出てくることもありますし予想外に負担が大きくなってしまう可能性も考えられます。
改装して綺麗にしたいという場合には、そのお金も合わせて総支払い額はどれくらいになるか調べておきましょう。
住宅を購入する際、必ず保険会社に加入します。
その保険は、団体信用生命保険という名前のものです。
この保険の詳しい内容は、ローンを組んでいる世帯主にもしもの事があった場合、ローンの残額が無くなる。
という保険です。
これは残された家族がローンに困らない様にする為の特別処置です。
どの保証会社かはその銀行によって違いますが保証料は銀行負担という所がほとんどでしょう。
保証料は自己負担ではないので、安心してフラット35を組む事ができます。
マイホームを購入するという事は誰でも憧れる事だと思います。
ですが、自分の家を購入する際には必ずフラット35住宅ローン審査が必要。
現金ですべて支払いが出来れば問題はありませんがそういうやり方は一般の人には難しいですよね。
ですから、銀行の住宅ローンを検討される方が多いです。
住宅ローンの審査はローン審査の中でも特別厳しいと言われています。
長い月日かけて支払いしないといけないので、審査に通らない方も出てきます。
審査が通らない理由としてあげられるのがやはり収入面です。
住宅ローン審査を問題なく通過するには、最低ラインで300万円以上の年収がなければいけない。
と言われています。
ただ300万円以上あれば良いという訳でなく、勤続年数・どのぐらいの規模の会社か。
という事も重要なポイントです。

フラット35の審査は厳しい?審査基準を知りたい!【通りやすい方法は?】